ペットロスについ


六年半に及んだミントの介護生活でしたが、その間いつも「ミントとのお別れ」を意識していました。

いつかは来る「ミントとのお別れ」が怖くてどうしようもなかったです。

そしてついにその日はやって来ました。

亡くなる2日前に突然に「神経症状」(無意識に口をパクパクと動かす症状)が出始めて病院に行きました。

その時の診断では「ステロイドを投与すればじきに治まるでしょう。水頭症が進行しているのかもしれませんね。」でした。でも「死」に至る症状ではないとのことでした。

翌日の朝、病院に行く時は固形物は食べられませんでしたが、介護が始まった当時のようにa/d缶を食べていました。
血液検査もこれまでミントが出した事がないような、全てが平常値で喜んで帰って来ました。

帰りの車のラジオから「東京で桜が開花しました」と流れ、ミントに「桜が咲いたね。お花見ができる頃にはまた元に戻ってるね。今年も桜を一緒に見ようね。」と話しかけました。

その30分後・・・あまりに突然にミントは苦しむことなくあっけなく旅立ちました。


「苦しむところを見せたくない。」「これまでずっと世話をかけたから、亡くなる時は世話をかけなたくない。」そんなミントの想いだったように、私の大事なミントは私から旅立ちました。


ミントがいなくなったら、ひどいペットロスになるだろう・・・と自他共に不安に感じていましたが、それは想像以上の苦しみでした。

いまでもあの当時の記憶がないほどです。

水も喉を通らない・・・食欲もなく、家族に促されて口に運ぶものの飲み込めない・・・飲み込んでも「砂をかむ」とはこのこと・・・と思うほど、何を食べても味覚もなく、なぜかジャリジャリという感覚しかなったです。

何も考えてなくても涙があふれ・・・

朝起きると頬に涙の跡があり目じりが「塩焼け」してしまいました。

記憶障害が出て、自分が何をしようとしているのか理解できませんでした。

炊飯器をセットしようとして目の前に大きく書いてある「スタートボタン」がわからずに、御飯が炊けずに途方にくれたり、食事を作っていながら何を作っているのかわからずにキッチンにたたずんでいることが多かったです。

いろんなことを忘れるので、目につく場所にメモを貼り付けていました。

歩き方がわからず、突然立ち止り「どうやって歩いたらいいのだろう」と思ったり、階段の前で「どうやって登るのだろう?」と考えたりしてしまうほどでした。

2008年当時と比べて社会の「ペットロス」についての理解も深まって来てると思いますが、それでも全ての人がペットを飼っているわけでもなく、ペットを飼っている人にしかわからない苦しみでもあります。

「ペットロス」とは「ペットロス症候群」と言われる病気です。そしてこのペットブームの日本では多くみられるものです。特別なものではないですよ。

「人には言えない」「話してもわかってもらえない」と一人で悩まないでくださいね。

心療内科でもいまは「ペットロス」を扱っているカウンセラーもいます。

また、いま現在ペットロスで苦しんでいる方がこのページに辿りついたなら、どうぞメールくださいね。

お話聞きますから・・・・

ペットロスは最後は「時間」が癒してくれます。そして自分で立ち上がらなければなりません。

それまでお付き合いしますよ。

元気になる方法を一緒に考えましょうね。


ペットロスで苦しみ悲しむ人は、それだけ亡くなった子を愛していたからです。

それほど愛せる子に出会えたことに感謝をして、その子が亡くなってしまったことはうんと悲しんでいいのですよ。


私はミントが亡くなってから、アニマルコミュニケーターとなりました。

これまでミントを始め、亡くなった子とお話を何度もしましたがどの子も「笑顔」です。

そして動物は私達人間とは全く違う「死生観」を持っています。


また飼い主さんから「謝りたい」と言う内容も承ることが多々ありますが、そんな風に思う事は全くないのです。

場合によっては「たった一人で逝かせてしまった」「苦しませてしまった」「私のせいで・・・」または「安楽死の選択」等々あるでしょう・・・


でもどのような場合でも動物が飼い主さんを恨むなとどいうことは100%ないです。

「ごめんなさい」と伝えると動物は一様に悲しい顔になります。そんな風に心を悩ませている飼い主さんが悲しいのです。

亡くなった子にはただ一言「ありがとう。また会おうね。」こう言ってあげてくださいね。


ペットロスは必ず治りますよ。

無理に心を封じ込めることはないです。ありのままの感情でいてください。

きっと治って、笑顔で思い出話しができるようになります。

だから、大丈夫ですよ。

私はアニマルコミュニケーションがペットロスの回復の一因になりました。

ミントとのセッションの内容です。

ミントからのメッセージ