Together with MINT

       〜ミントと一緒〜

 
 
ミニチュアダックスのミントは1998年11月15日に家族となりました。
生後半年でPRA(進行性網膜委縮症)を発症し失明しました。
2001年8月には水頭症の癲癇発作により寝たきり生活となりました。介護生活は決して楽なものではありませんでしたが、ミントと一緒に過ごす時間はとても大切な時間で、ミントへの愛おしさは募りました。

2008年3月22日東京の桜の開花日に桜の花びらが舞うように、静かに穏やかに旅立ちました。

その後動物保護団体「しっぽのなかま」から、ミニチュアダックスのデイジーを家族として迎えました。